エムドゲイン・ゲル

歯周病の治療法は?
軽度の歯周病であれば、歯や歯の周囲を清潔に保つ治療を継続することで治すことができます。しかし、炎症が歯肉の深部まで進行し、歯周組織が重度に破壊されている場合には、歯周組織を回復させるための手術(歯周外科手術)が必要となります。この手術の際に、歯周組織再生用材料という手術治療を補うための、歯科用の材料が使われることがあります。

進行する歯周病

エムドゲイン®ゲルは、スウェーデンのビオラ社で開発された新しいブタ歯胚組織使用歯周組織再生用材料です。エムドゲイン®ゲルの主成分(エナメルマトリックスデリバティブ)は、子供の頃、歯が生えてくる時に重要な働きをするたん白質の一種です。現在の科学水準に基づく高い安全性確保の下、幼若ブタの歯胚から抽出精製したもので、2005年5月現在、世界39ヵ国で使用されています。

エムドゲインゲルを使った治療方法について

歯周組織の状態を調べるために、歯周ポケットの深さの計測、レントゲンの撮影、その他治療に必要な検査を行います。
エムドゲインゲルを使った治療が可能かどうかは、歯周病の程度や患者さんの健康状態によっても個人差がありますので、担当医とよく相談して下さい。

歯周外科手術
手術には麻酔が必要です。まず最初に治療する箇所の歯肉を切開し、剥離します。

次に歯根表面を清掃し、エムドゲインゲルを塗布します。最後に切開した歯肉部分を縫合し、手術は終了です。手術の所要時間は約1時間前後で、手術後、しばらく休息をとっていただいた後は帰宅できます。抜糸は手術日から約2~6週間後に行います。

手術後の注意点-
手術創は次第に治癒しますが、手術箇所の歯みがき等は担当医の指示に従って下さい。また、指や舌で手術部分には触れないでください。
手術後の感染予防として、術後3~6週間は、消毒薬で口中をよく洗浄するようにします。抗生物質が処方された場合は、担当医の指示により服用して下さい。

定期的な受診について
機能的な歯周組織を回復すまでには、数ヵ月から1年程度かかります。歯周組織が再生する期間、および程度は個人によって異なり、また、歯周病の進行具合によっても異なります。術後のスケジュールの詳細も患者さんにより個人差がありますので、担当医の指示に従い、必ず定期的な検査が必要です。治療終了後も、口中の衛生状態を担当医に定期的にチェックしてもらうことをおすすめします。

歯周病を再発させないためには、歯や歯の周囲を常に清潔に保つことが大切です。
担当医と相談することで、いつまでも自分自身の歯を維持できるようにしてください。

これは顎を動かすと同時に顎の関節にカクカクという異音が生じるもので、症状ではもっとも多く起こっており、なかでも第一段階で多く現れている顎関節症の特徴です。
基本的な義歯の問題点をインプラント設置の入れ歯が補完します。ぺったりと密着し、お手入れのシンプルな磁力を利用したモデルも売られています。
歯垢というものについて一体あなたはどれくらい理解しているでしょうか?テレビやCMでも何度も放送される言葉なので、今まで聞いたことがない、などと言うことはほぼないかと感じています。
嫌な口のニオイが気になって、ガムやマウスウォッシュなどをよく使用しているのだとすれば、歯垢を取り去るケアを真っ先に試してください。あの気になる口の匂いがマシになってくるはずです。
在宅医療において歯科衛生士が欠かせないのは、まず始めに患者さんの口の中を清潔にすることです。患者の口のなかが汚れたままだと、細菌が繁殖している不衛生なカスそのものを飲み込んでしまうかもしれません。


寝ている間は唾液を出す量が極めて量が少ないので歯を再び石灰化する作用が進まず、phが不安定な口の中の中性の状況を確保することが難しくなります。
どのような仕事内容の労働者においても該当しますが、歯科医院に勤務する歯科衛生士のような医療の業界に所属する人はことさら格好に注意を払わなくてはいけないのです。
虫歯が原因となっている知覚過敏は、虫歯がずい分激化していると思われ、ずきずきとした痛さも連続しますが、そうではないケースは短期間の病状で収束するでしょう。
もしも歯冠継続歯の根元の部分が折れたら(歯根破折・シコンハセツ)非常に悔しいことに二度と使用できません。その大部分の症例の場合、抜歯の処置をする事になってしまうのです。
口臭を気にして、ガムやマウスウォッシュなどをよく使用しているのだとすれば、歯垢を取り除く対策を取り急ぎ行ってみましょう。あの不快な口の中のニオイがマシになってくるはずです。


活用範囲がことさら大きい歯科で使うレーザーは、種類も多くて、他にも色々な治療の現場に活かされています。この先は更なる期待がかけられています。
歯の表面のエナメル質に貼りついた歯石や歯垢を取り去ることを歯科ではクリーニングと言いますが、さきほど述べた歯石と歯垢などは不快な虫歯の遠因といわれています。
キシリトールの成分には虫歯を防止する作用があるとの研究結果が公表され、それ以降は日本をはじめとする世界のいろんな国で非常に精力的に研究がなされてきました。
歯のメンテは、美容歯科に関する施術が完了し想像した通りの施術後にはなったとしても、なまけることなく持続させなければ治療を始める前の状態に逆戻りしてしまいます。
歯のレーザー照射は虫歯を起こす菌をレーザーの力で消滅させてしまい、他にも歯の外側の硬度を引き上げ、嫌な虫歯になりにくい歯にする事ができるようになります。

ムシ歯が原因となっている知覚過敏は、虫歯はかなり激化していると察知され、患部の痛みも継続しますが、そうではない場合は、一時性の病態で落ち着くでしょう。
むし歯や歯周病が痛み出してからかかりつけのクリニックに駆け込む方が、ほとんどだと思いますが、予防のケアのために歯医者に通院するのが現に理想なのです。
分泌される唾液は、口内の掃除役とも呼ばれるくらい大事ですが、その重要な唾液が少なくなってしまうのですから、口のニオイがひどくなるのは、当たり前のことだと考えられます。
現在のところ、虫歯がある人、ないしは以前虫歯の悩みを有していた人、実に日本人の9割もの人がこのようなムシ歯菌を、必ずや保菌しているとされています。
最近になって歯の漂白を体験する人が増えていますが、施術するときに使われる薬剤による刺激で、歯が凍みる感じのする知覚過敏という事態を引き起こす可能性が想定されます。

ビオラ社のエムドゲイン誘導剤を歯周外科の処置中に患部に塗布すれば、初めて乳歯が生えてきた時の状況と同じような、がっちりと付く歯周再生の進展がありえます。
例え成人になっても永久歯はむし歯にかかりますが、乳歯はその構成上、永久歯に比べ酸への耐性が弱いので、デンタルケアをいい加減にすると、ムシ歯はいともたやすく大きくなります。
キシリトールの成分にはむし歯を食い止める働きが認められたという研究が公開され、その後、日本は元より各国で非常に活発に研究がおこなわれてきました。
残念ながら日本は予防については残念なことに後進国といわれ、欧米人と比較しても、実は日本人の歯の寿命が縮まってきています。初めから予防全般に対して問題意識が異なるのだと思われます。
節制した生活を胸に、唾液に因った修復作業をもっと助長することを理解した上で、虫歯への構えについて考察する事が理想とされます。

口内炎の程度の重さや発症した所によっては、ただ舌が移動するだけで、強い激痛が走るため、ツバを飲み込む事すらも困難を伴います。
上の親知らずは下に比べて、麻酔の作用が効果的であるため、歯を抜くときにも鈍痛が伴うといった事例が少なく、痛みに弱い人であったとしても、手術はあっけないくらいに容易に完遂できます。
デンタルホワイトニングの処置は、歯の表層のゴミや汚れ等を十分に取った後で始めるのですが、自宅で実施できるホームホワイトニングと歯科医院で行うオフィスホワイトニングの方法の異なる2種類が浸透しています。
インプラント術による利点は、入れ歯の不具合部分を解決してしまうことや、元々持っていた歯と同じような状態に持っていくことや、インプラントを実施した歯以外の歯を守ることが言われます。
セラミック術と一口に言っても、豊富に種類・材料が準備されているので、お世話になっている歯科医師とじっくり相談して、自分向きの内容の処置を吟味するのがよいでしょう。